仁川国際空港から明洞まで行くならリムジンバスが楽で安くて早い!行き方をご紹介

仁川国際空港から明洞(ミョンドン)へのリムジンバス
参考:リムジンバス公式サイト(http://www.airportlimousine.co.kr/)

韓国は、3連休などの短い休みに気軽に行けるので、近年旅行者も増えていますよね。特にショッピングの街である明洞(ミョンドン)へ行かれる方も、多いのではないでしょうか。

そこで今回は、仁川国際空港から明洞(ミョンドン)までのおすすめの行き方をご紹介したいと思います!

仁川国際空港から明洞(ミョンドン)まではリムジンバスが一番良い!

仁川国際空港からの移動手段
仁川国際空港からの移動手段 参考:コネスト(https://www.konest.com/

明洞(ミョンドン)までの行き方は、バス・タクシー・空港鉄道の3通りがあります。

全ての料金と時間を比べてみましょう。

リムジンバスで行った時の料金・時間

仁川国際空港 第1ターミナル 5B乗り場から明洞駅(Myeongdong Stn.)まで、約15分間隔で出ています。

料金:10,000ウォン(約1,000円)
時間:約60分〜約80分

タクシーで行った時の料金・時間

仁川国際空港第1ターミナルから明洞駅(Myeongdong Stn.)まで

料金:約53,000ウォン(約5,300円)※タクシー料金とは別に通行料が必要
時間:約60分〜約80分

タクシーによっては、ボッタくられたりする可能性もあるのでもう少し多めに見ておいた方がいいかもしれません。

空港鉄道A’REXと地下鉄で行った時の料金・時間

仁川国際空港から明洞までは1本の列車で行くことができません。ですので、仁川国際空港第1ターミナルからソウル駅までは空港鉄道A’rex、ソウル駅から明洞駅までは地下鉄を利用します。

空港鉄道A’rexには、ソウル駅までノンストップで行ける直通列車と、各駅に停まる一般列車の2種類がありますので、2パターンで分けてご紹介します。

<直通列車+地下鉄>
料金:9,000ウォン(約900円)+1,350ウォン(約135円)=10,350ウォン(約1,035円)
※現金で買う想定で算定しています。
時間:約65分

<一般列車+地下鉄>
料金:4,250ウォン(約425円)+1,350ウォン(約135円)=5,600ウォン(約560円)
※現金で買う想定で算定しています。
時間:約80分

一般列車を利用すると一番安く行けるのですが、乗り換えに少し時間がかかるのと、時間帯によっては混雑しますのでスーツケースを運ぶのに一苦労します。人があまりいないところでもスーツケースを運ぶのって大変なのに、混雑していたら尚更大変ですよね。

ですので、総合的に見て、割と安く、楽に行けるのはリムジンバスと言えるでしょう!

では、リムジンバスに乗って明洞駅(Myeongdong Stn.)まで行ってみましょう!

仁川国際空港からリムジンバス乗り場に向かおう!

明洞へのリムジンバスの乗り場
明洞へのリムジンバスの乗り場 参考:コネスト(https://www.konest.com/contents/airbus.html)

リムジンバス乗り場は、税関を出てすぐ目の前にあるのでとてもわかりやすくて助かります。ちなみに、バスやタクシーは目の前ですが、空港鉄道A’rexは地下1階へ降りて乗り場へ向かうことになります。

今回は明洞に行きますので、乗り場はソウルバスの「5B」になります。

明洞へのリムジンバスの乗り場風景
明洞へのリムジンバスの乗り場風景 参考:4travel(http://4travel.jp/)

リムジンバスは一般リムジンと高級リムジンの2種類

一般リムジン6015乗り場(仁川国際空港から明洞への行き方)
一般リムジン6015乗り場(仁川国際空港から明洞への行き方) 参考:4travel(http://4travel.jp/)

仁川国際空港から明洞へのバスは、高級リムジンと一般リムジンの2種類があります。違いとしては、高級リムジンの方が座席が広く、空いているのが特徴だと思います。

料金:高級リムジン15,000ウォン(約1,500円)、一般リムジン10,000ウォン(約1,000円)

系統:高級リムジンが「6001」、一般リムジン「6015」

バス乗り場やバスそのものに書かれている言葉は、基本的にハングル語になるので行き先の番号で覚えた方が確実です!

チケットは券売所または乗り場で購入

明洞へのリムジンバスの券売所
明洞へのリムジンバスの券売所

リムジンバスのチケット購入方法については、券売所(自動券売機)・乗り場で直接購入する2種類の方法があります。

リムジンバス乗り場には何カ所か券売所がありますので、チケットはそちらで購入することができます。残念ながら日本語は通じませんが明洞を指差して「This one,please」といえばなんとか通じます。笑

会話するのが怖いという方は、近くに自動券売機もありますのでそちらでも購入できます。英語表記にできますので迷うこと無く購入することができますよ!ただし、クレジットカードしか使えないので注意してください。

また、乗り場で直接係員の方から購入することも可能です。券売所で買う時間がない!という方には大変ありがたいですよね。乗り場で購入する場合は、現金のみになります。

一般リムジンは乗り過ごすことがないからおすすめ

明洞へのリムジンバス(6015)路線図
明洞へのリムジンバス(6015)路線図 参考:リムジンバス公式(https://www.airport.kr)

アナウンスが韓国語になので、途中下車しなきゃいけないとなると不安ですよね。一般リムジンの6015号は、終点が明洞駅(Myeongdong Stn.)になるので、韓国語がわからなくても、寝ちゃっても乗り過ごすことがありません。

一方で、高級リムジン(6001号)で明洞駅(Myeongdong Stn.)へ行く場合、途中下車しなければならないため、GoogleMapsなどをよく確認しながら降車ボタンを押すようにしましょう。

まとめ

仁川国際空港から明洞へ行くには、総合的に見て、一般リムジンバスが楽で安くて早いということをご紹介いたしました。

交通状況により所要時間は前後するかもしれませんが、重たいキャリーケースを乗り換えなどでゴロゴロ運ぶよりは断然いいですよね。極力体力を温存しながら韓国旅行をするためにも、リムジンバスで明洞へ行ってみて下さい!